効果を気軽に試そう

補聴器

耳が聞こえにくいと感じていても、補聴器は高いので購入する余裕がないという方もいるでしょう。また本当に使うことで効果が実感できるのか不安という方もいます。そのような場合には、購入するのではなく、レンタルという選択をするのも1つの手です。補聴器をレンタルするメリットの1つが、日常生活の中で使いながら本当に効果があるのか試せるという点です。実際に効果があることがわかれば、レンタルから購入に切り替えることもできます。効果に納得してから購入できるので、満足度の高い買い物をすることにもつながります。補聴器で聞こえ方が改善されるかは人によって異なるので、レンタルでどのような聞こえ方の違いが生まれるか確認することも必要です。

自分に合ったタイプを見極めよう

補聴器

補聴器といっても、さまざまな形状のものがあることを知っていますか。形状の違いによって、聞こえ方が変わってくることもあります。実際にどのようなタイプが適しているかは、個人のライフスタイルなどに左右されます。レンタルで複数のタイプを試して、自分に合った補聴器の形状を探していきましょう。例えば耳あな型は、個人の耳の穴の形に合わせて作るタイプで、小型で目立ちにくいという特徴があります。一方で耳かけ型は、本体を耳の後ろにかけて使用し、種類が多く見られるタイプです。そしてRIC型という新しいタイプも誕生しているので、特徴を踏まえたうえでどのような形状のものが自分に合っているか考えていきましょう。

コストを抑えることが可能

補聴器

補聴器を購入しようと考えた場合、オーダーメイドで作ると片耳で20万円、両耳で40万円ほどかかってしまうこともあります。数十万円の負担になることを考えたら、聞こえづらいと感じていても購入をためらってしまうこともあるでしょう。そこで購入するのではなく、補聴器のレンタルを利用するのも1つの手です。補聴器のレンタルでかかる費用は、利用するお店や補聴器の形状によって違いがあります。例えば耳かけ型のタイプであれば、両耳でも月々の料金が約3000円で利用できる場合もあります。また実際に補聴器を利用するとなると、メンテナンスや保証などが気になるという方もいるでしょう。利用するレンタル業者によって異なりますが、レンタルの期間中は何度でも無料で調整をしてくれるケースも見られます。初めて使う方でも気軽に相談できる環境が用意されていることもあるので、気になる点があれば相談して安心して利用できるようにしましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中